ホーム > 人文学部 > 人文学部について

学部長あいさつ

変動期の人文学部

人文学部長 清塚 邦彦

 現在の人文学部は人間文化学科と法経政策学科の2学科からなり、それぞれ人文科学と社会科学の多様な学問分野をカバーしています。また、本学部には、世界的に評価の高い地上絵研究で知られるナスカ研究所をはじめ、映像文化研究所、やまがた地域社会研究所などが附属機関として併設されており、学生は進行中の研究活動や成果に触れることができます。平成29年度からの実施を予定している改組では、これらの研究所は維持したまま、従来の2学科を1学科5コースへと再編する計画ですが、人文・社会科学の多様な分野について質の高い教育を提供するという基本的な使命は従来と変わりません。地方で学ぶ学生たちに、広大な学術の世界への入口を提供することは、地方国立大学の重要な使命です。
 わざわざ改組を行うのは、近年、質の高い専門知識の修得にとどまらず、得られた知識を応用し、現実の社会、特に地域社会の中での課題解決へと結びつけるような実践力の養成が、強く求められるようになってきたことによります。今回の改組では、大きく3つの点で実践力の強化を図っています。
 1つは学生が自ら課題を設定し、その解決を探る課題解決型の演習科目を全コースで実施するという点です。今後は、教室の外に出て地域の企業や自治体とかかわりを持ったり、友人たちとのグループディスカッションを行ったりする機会が大きく増加します。
 もう1つは、文系向けの情報リテラシー教育を充実化して、データ処理・統計学基礎・社会調査法からなる選択必修科目群を整備したことです。
 3点目は英語教育です。今回の改組では、地域で活躍できるグローバル人材を育成するため、これまで人間文化学科の一部だったグローバル文化学コースを独立させ、社会科学系の教育も織り込んでグローバル・スタディーズコースを立ち上げる予定ですが、それ以外のコースでも、2年次以後の英語科目を従来よりも増設して全体的に英語教育の充実化を図っています。
 他にも細かい点でいろいろな改善が計画されています。とはいえ、大学で学ぶ(また教える)上でのいちばんの基本は、多様な問題意識をもった学生たちと、それを見守りサポートする教員たちとの間での活発なディスカッションにあります。高度な専門教育と今回の実践面・技能面での改革を踏まえつつ、本学部がより活発な知的ディスカッションの場になることを願っています。

人文学部の沿革

1949年(昭和24年)5月
国立学校設置法により、山形高等学校、山形師範学校、山形青年師範学校、米沢工業専門学校、および山形県立農林専門学校を母体として、文理・教育・工・農の4学部を持つ大学として設置。
1967年(昭和42年)6月
文理学部の改組により、人文学部(文学科・経済学科)を設置。(理学部および教養部も同時設置)。
1972年(昭和47年)4月
人文学専攻科を設置。
1980年(昭和55年)4月
法学科を設置。
1996年(平成8年)4月
大学改革の一環として教養部が廃止され、人文学部は3学科(文学科・法学科・経済学科)を2学科(人間文化学科・総合政策科学科)に改組。
1997年(平成9年)3月
人文学専攻科が廃止。
1997年(平成9年)4月
大学院社会文化システム研究科(修士課程)を設置。
1998年(平成10年)10月
人文学部3号館新棟竣工。

2001年(平成13年)10月
アメリカ合衆国コロラド州・デュランゴ市にあるフォートルイス大学と、国際交流協定を締結。
2003年(平成15年)3月
ロシア・ブリヤート自治共和国ウラン・ウデ市にあるブリヤート国立大学東洋学部と、国際交流協定を締結。
2004年(平成16年)4月
国立大学が独立行政法人化され、「国立大学法人山形大学」となる。
2004年(平成16年)5月
中華人民共和国・桂林市にある広西師範大学と、国際交流協定を締結。
2006年(平成18年)1月
大韓民国・光州広域市にある全南大学校人文大学と、国際交流協定を締結。
2006年(平成18年)4月
学科改組により、人間文化学科と法経政策学科が新たにスタート。
2007年(平成19年)3月
中華人民共和国・ハルピン市にあるハルピン工業大学外国語学院と国際交流協定を締結。
2010年(平成22年)12月
ドイツ・デュースブルク市にあるデュースブルク・エッセン大学東アジア研究院と国際交流協定を締結。
2011年(平成23年)7月
ドイツ・オスナブリュック市にあるオスナブリュック応用科学大学経営管理・社会科学部と国際交流協定を締結。

2012年(平成24年)10月
ペルー共和国・ナスカ市内に人文学部附属ナスカ研究所を設置。
2013年(平成25年)4月
人間文化学科の2コースを5コースに再編。地域教育文化学部・理学部とともに実践教育プログラムを実施。

人文学部の概要

 山形大学人文学部は、国内有数の人文・社会科学系総合学部です。「人間文化学科」と「法経政策学科」の2つの学科からなり、複雑化する時代の要請に応え、個性的で魅力あふれる大学教育を目指しています。

 人間と社会という、切っても切り離せない関係を双方から学ぶことができる多彩な授業と、学生一人ひとりの力を伸ばす少人数教育の中で、文化と社会に対する的確な視点と総合的な分析能力を持ち、着実に行動できる人間を育みます。そんな人文学部がどんな学部か具体的に詳しく知ってみませんか。

人間文化学科と法経政策学科の2つに分かれています。

 文学・哲学・歴史・言語学・心理学といった従来の文学部科目に加え、情報科学・地理学・社会学・文化人類学などを学ぶことのできる「人間文化学科」と、法律・政治・経済・経営・公共政策といった専門領域をしっかりと学び、そこから社会全体を考察する力を養う「法経政策学科」の2つの学科にわかれています。

人文学部

人間文化学科[入学定員100名]

人間の知的な営みから生まれた多様な文化をさまざまな角度から総合的に学びます。

多岐にわたる専門領域をカバーする教授陣による授業と特色ある5つのコース設定で、人間の知の領域を広く深く探究します。

法経政策学科[入学定員200名]

社会科学系の学問を多面的に学び、専門知識をより一層深めることのできる学科です。

法律・政治・経済・経営・公共政策・国際関係など社会科学全般を学び、2年次からのコース選択でより深く専門分野を極めます。

カリキュラムの概要

基盤教育から専門教育へ

2年目から各コース毎の専門教育が始まります。

 1年目は充実した基盤教育。2年目は専門教育へのステップアップ。人間文化学科では専修への所属が決まります。法経政策学科では3年目からゼミが開始されます。

 所定の単位を修得することによって、中学校教諭一種免許状(国語、社会、英語)、高等学校教諭一種免許状 (国語、地理歴史、公民、英語)、学芸員となるための資格を取得することができます。
※卒業論文の提出は、法経政策学科は選択。

ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲