ホーム > 大学院社会文化システム研究科 > 大学院早期学修プログラム

大学院早期学修プログラム

平成29年度履修開始分について(平成28年度3年次学生対象)

1.プログラムのねらい

 学部4年次に科目等履修生として大学院の授業を早期に履修し、大学院入学後は最短1年で修士課程の修了を可能とするプログラムです。

2.プログラムの特徴、メリット・デメリット

 この新設されたプログラムは、現在の学部3年次学生から適用されます。より良い進路選択となるよう次のような観点からご検討ください。

応募前

 大学院早期学修プログラムに応募する前に以下の点を慎重に検討することが肝要です。アドバイザー教員に必ず相談してください。

 科目等履修生として大学院の授業科目を履修することになりますが、同時に学部4年生として学部の単位の修得もしなければなりません。双方の単位の修得にはかなりの努力が必要です。

達成まで

 このプログラムを達成すれば、大学入学から5年間で修士の学位も授与されるので修士課程の修学年限を1年間短縮できることが、この制度のメリットです。

 これに対して、従来どおり、まず学部学生としての勉学に専念した上で、卒業後に大学院に進学して2年間で修士号を修得する方が、時間を十分にかけて勉強することになり、生活にゆとりもでき、高い成果を得られるとも考えられます。

学費

 経済的には、4年次学生の授業料とともに科目等履修生の学費がかかるので、その年度には多額の学費が必要となります。

 他方、大学院進学後1年で修士号を修得できれば、このプログラムを利用せずに大学院に進学して2年間在籍するよりは費用が少なくなると考えられます。

メリット&デメリット

 このようにこの制度には、メリットとデメリットの両面があります。

 自分が研究しようとしている学問分野、経済的事情、大学院修了後に他大学の大学院博士後期課程に進学するのか、社会人として就職することを目指すのかなど、それぞれの事情により、このプログラムを利用するのが適切かどうかが異なります。

  • 各自、アドバイザー教員に十分に相談の上で、慎重に検討することが必要です。
  • 2年次・1年次の学生で、この大学院早期学修プログラムに関心がある学生は、当面は、高成績の資格要件を充たすように勉学に励みましょう。

3.プログラムの対象者

  1. 学部4年次在学中に科目等履修生として1年間在学した方。科目等履修生となるための要件は,所定の単位が優れた成績(3年次終了時点での修得単位が110単位以上かつGPAが3.0以上)の方。
    科目等履修生の応募状況(多数の場合)によっては,審査により選抜することがあります。
  2. 本学人文学部を卒業(予定)し,学部4年次に本研究科推薦入試を受験の上,合格した方。
  3. 科目等履修生として最低必要単位数8単位以上(特別研究Ⅰ(前期・後期)4単位及び共通科目4単位を含む)を修得した方。

4.申込み等の主なスケジュール

  • 平成29年1月:科目等履修生募集開始
  • 平成29年2月:科目等履修生出願予定調査
  • 平成29年3月:科目等履修生出願受付
  • 平成29年4月:科目等履修生入学、大学院授業科目履修開始
  • 必要書類や詳しい説明は、担当窓口で行います。

5.必要経費

学部4年次在学中における「科目等履修生」としての経費が別途かかります(金額は平成28年度の参考)。

  • 検定料:9,800円
  • 入学料:28,200円
  • 授業料:14,800円/1単位
  • 授業料は,履修科目数により変わります。
    例:最低必要単位(8単位)の場合は約12万円、20単位の場合は約30万円です。

6.お問い合わせ・担当窓口

ご不明な点などはこちらまで

  • 学生センター人文学部担当(柴田、辻)
  • TEL.023-628-4207、4709
  • Email:kmkyom-jin@jm.yamagata-u.ac.jp

ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲