ホーム > 大学院社会文化システム研究科 > 履修方法

社会文化システム研究科・履修方法

修業年限

  • 標準修業年限:2年

修了要件

特別研究および講義科目(特論)、演習科目(特別演習)、共通科目について合計30単位以上を修得し、学位論文の審査および最終試験に合格することが要件になっています。

必修科目 選択必修科目 自由科目
専攻科目 共通科目
8 8 4 10 30+修士論文

必修科目

特別研究(指導教員との課題研究基礎) 4単位
特別研究(指導教員との課題研究演習) 4単位

選択必修科目

専攻科目(同一専攻内において課題研究と密接に関連する分野から)
特論 4単位
特別演習 4単位
共通科目(情報処理実習または現代外国語から) 4単位

自由科目

本研究科で開講される科目から:10単位  

計:30単位 + 修士論文  

社会人の特例

  • 社会人学生は、夜間にも研究指導を受けることができます。一年次には、昼間開講科目の受講が必要ですが、2年次には職場に復帰した上で、単位の修得および修士論文の作成に従事することができます。ただし、一年次においても、できるだけ勤務との調整ができるように開講時間帯の設定を配慮します。
  • 特に認められた場合には、課題報告書をもって修士論文に替えることができます。
  • 詳細は直接お問い合わせ下さい。

ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲