ホーム > 法経政策学科 > 研究紹介 > コーエンズ久美子

研究紹介

法経政策学科:法律・政治系

コーエンズ久美子 KOENS Kumiko

専門領域:商法/担当ゼミ:商法

研究テーマ:取引の決済システムに関する研究

公正で円滑な取引のルールを考える

 商品や証券などの取引は、一方で約束のものを引き渡し、他方で代金を支払うことによって完了します。このような代金の「決済」の仕組みは、私たちの社会・経済生活のインフラストラクチャーです。企業同士の取引では、代金の支払いをものの引き渡しよりも数ヶ月後にする場合が多く、手形がよく利用されてきましたが、コンピュータ技術の進展により電子的な記録に取って代わられつつあります。また私たち消費者の支払いも直接お店で現金を支払うという方法だけでなく、クレジットカードや預金口座を使った振込みなど多様化しています。銀行などの金融機関がさまざまな仕組みを構築し、私たちの生活を便利なものにしているのです。でも、この便利な仕組みについてもクレジットカードの不正使用、銀行の破綻、オレオレ詐欺など多くの深刻な問題が発生しています。損失は誰が負担するべきなのでしょうか?金融機関はどこまで責任を持つべきなのでしょうか?生々しい金融トラブルの現実に向かいながら、公正な解決のためのルールを考え続けています。

注目の著書・論文

  • 「証券振替制度における担保権」国際商事法務Vol.41、No.9(2013年)
  • 「預金の帰属と優先的返還請求権」山形大学法政論叢44・45合併号(2009年)
  • 「証券決済システムにおける権利の帰属と移転の理論」淺木慎一他編『検証会社法』(2007年)
研究必須アイテム

英米法辞典と文鎮(書籍を開いておくために滑らない文鎮を使います。)

ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲