ホーム > 法経政策学科 > 教員紹介 > 高橋 良彰

教員紹介

高橋 良彰

TAKAHASHI Yoshiaki

学科:法経政策学科
メールアドレス:kouryou@
ホームページ:
オフィスアワー:木曜日16:10-17:40
専門領域:民法、民法史、不動産登記法
大学院担当:社会システム専攻 不動産取引法
山形大学研究者情報:http://yudb.kj.yamagata-u.ac.jp/html/214_ja.html

※メールアドレスの@以降は「human.kj.yamagata-u.ac.jp」になります。

研究テーマ

  • (1)不動産登記制度を,歴史的・体系的に研究しています。その際,特に実務的な課題と理論的な課題とを統合しながら,制度主旨・担い手論(司法書士制度)などを中核とした,あるべき不動産登記像を呈示することをめざしています。(2)旧民法典を素材に,民法の体系的検討をめざし研究しています。その際,特に民法典が歴史的に形成されてきたことを重視し,(3)旧民法典・明治民法典の編纂過程を再検討し,資料などを再発掘・紹介することにつとめています。

論文

  • 「明治民法典はなぜ別冊で制定されたか」,『山形大学紀要(社会科学)』,45(2) 75-87,2015年02月
    単著
  • 「翻訳語「債権」の成立」,『山形大学紀要(社会科学)』,45(1) 45-57,2014年07月
    単著
  • 「登記制度の原初風景ーー公示性及び真実性の確保をめぐって(特集日本を支えてきた登記制度)」,『月報司法書士No.465』,(465) 2-9,2010年11月
    単著

著書

  • 「司法省法学校における日本民法草案財産編講義とボアソナード」『BU100ボアソナード・梅謙次郎没後100周年記念冊子上巻 報告集』,法政大学,2015年03月
  • 「「民法商法施行調査委員会」の審議経過」『シンポジュウム『民法典論争資料集』(複刻増補版)の現代的意義』,日本評論社,2014年03月
  • 「明治三一年戸籍法における身分登記規定の意義」『日本社会と市民法学:清水誠先生追悼論集』,日本評論社,2013年08月
  • 「物権変動理論と実務の将来」『不動産取引とリスクマネジメント』,日本加除出版,2012年05月
  • ボワソナード民法典の編纂,,1999年02月

相談に応じられる分野

  • 不動産登記・我妻栄(米沢出身法学者)・山下千代雄(米沢出身弁護士)

インタビュー

 ― : 先生のご専門は民法ということですが、具体的にどのような研究をしていらっしゃるのでしょうか?
高 橋: 教員紹介などでは民法、民法史、不動産登記法と書いています。なかでも明治23年に公布された旧民法典について研究しています。現在の民法は明治29年に公布された明治民法典(後二編は明治31年公布)を改正しながら使っていますが、旧民法典とは、明治民法典以前に作られ、激しい論争の末結局は施行されなかった法律です。その後、明治民法典によって改正されてしまったわけです。
 ― : どうしてすぐに明治民法典に変えられたのでしょうか?
高 橋: 旧民法典は、フランス人ボアソナードが中心となって作ったために、日本古来の考え方と大きく異なると考えられ、批判も多く改正されてしまいました。
 ― : どうして先生は旧民法典を研究していらっしゃるのでしょうか?
高 橋: 現在の状況を批判的に考えたいからです。現在を冷静に突き放し、反省することが大事です。現在を批判的にとらえ返した上で、その問題点を社会全体に提起していきたい。これは法学だけの仕事ではないと考えています。源氏物語を研究する場合も源氏物語を研究することで現在を批判的に見つめることができると思います。
 ― : 先生はなぜ民法史を研究するようになったのでしょうか?
高 橋: 私は米沢の高校に通っていましたが、高校を卒業後、働きながら大学に行こうと思い、昼は区役所の窓口で働き夜は大学の法学部で学ぶという生活をおくりました。職場では、印鑑登録などの仕事をしていたのです。大学で勉強していることと窓口の仕事がつながっている事が大変おもしろく、結局、仕事をやめて不動産登記法の研究者になろうと思い、大学院に進みました。修士論文が「ボアソナードと不動産公示制度」というタイトルでした。そこから旧民法典について研究を行うようになったのです。
 ― : 高校生に一言お願いします。
高 橋: 学問は案外面白いものだと思います。物事を批判的に反省してみると、違う光を放つことがあります。これが真理だというのは危険ですが、真摯に求めていくと、真理が見えてくる。中学、高校では得られない知的好奇心を大学で味わってください。

ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲