ホーム > 地域(高等学校)のみなさま > イベント:平成28年度 山形大学公開講座[人文学部]『映画・写真・絵画・文学におけるドキュメンタリーとフィクション』第5回を開催します。

イベント

平成28年度 山形大学公開講座[人文学部]『映画・写真・絵画・文学におけるドキュメンタリーとフィクション』第5回を開催します。

2016年4月1日

〈あの世〉をみてきた人びとの話
-近世仏教説話における極楽の諸相

人文学部准教授 宮腰 直人

 平成28年6月23日(木)午後6時30分~8時10分

 日本古典文学には、何らかの理由で〈あの世〉へ行ってきた人が蘇り、その様子を語るという、地獄極楽遍歴譚という物語の一群があります。今回は、東北を舞台とする近世仏教説話を出発点にして、文学における〈ドキュメンタリー〉と〈フィックション〉の問題を取り上げます。東北の人びとは、どんな思いで極楽や地獄を見聞してきた人の話を受け入れ、語り継いだのでしょうか。怖くも、懐かしい近世仏教説話とその視覚文化の魅力を探ります。

ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲