ホーム > Agoraトピックス > イベント一覧 > 国際シンポジウム開催のお知らせ

イベント

国際シンポジウム開催のお知らせ

2015年1月28日

 人文学部と、人文学部の坂井正人教授が研究代表者となっている「新学術領域研究」が主催・共催する国際シンポジウム2件をお知らせします。

国際シンポジウム  La producción de los espacios rituales en las regiones de la zona sur de los Andes

【日時】2015 年 2月11日(水・祝)10:00~17:30
【場所】キャンパスイノベーションセンター東京 多目的室2
【定員】20 名[先着順])
【参加費】無料(申込不要)
【使用言語】スペイン語(通訳なし)
【主催】山形大学人文学部 新学術領域研究「古代アメリカの比較文明論」計画研究A03「アンデス比較文明論」(研究代表者:坂井正人)
【共催】国立民族学博物館 科学研究費補助金基盤研究(S)「権力の生成と変容から見たアンデス文明史の再構築」(研究代表者:関雄二)
【協力】古代アメリカ学会
【プログラム】
10:00 -10:15 Introducción
Masato Sakai (Yamagata University), Yuji Seki (National Museum of Ethnology)
10:15-11:15 “Arquitectura, paisaje y la narrativa de la creación”
Alexei Vranich (University of California, Los Angeles)
11:15-12:15 “Festines, memoria social y espacio ritual en dos sitios Formativo de la Península Taraco, Bolivia”
Andrew Roddick (McMaster University)
12:15-13:30 Almuerzo
13:30-14:30 “Urbanismo incipiente en el Formativo de los Andes sur centrales: El caso de Khonkho Wankane, Bolivia”
John Janusek (Vanderbilt University)
14:30-15:30 “Paisaje, geoglifos y cerámica en las Pampas de Nasca, costa sur del Perú”
Masato Sakai(Yamagata University)
15:30-15:45 Coffee Break
15:45-16:45 “¿Ritual doméstica? : Manejo del espacio ritual en el centro ceremonial de Campanayuq Rumi”
Yuichi Matsumoto (Yamagata University)
16:45-17:30 Debate final y clausura

カンパナユック・ルミ中央基壇の階段

カンパナユック・ルミ出土土器

カンパナユック・ルミ出土土器

国際シンポジウム  Transformaciones y continuidades sociales en la formación del Estado Primario

【日時】2015 年 2 月 14 日(土)10:00~17:30
【場所】国立民族学博物館第 6 セミナー室
【定員】30 名[先着順])
【参加費】無料(申込不要)
【使用言語】スペイン語(通訳なし)
【主催】国立民族学博物館 科学研究費補助金基盤研究(S)「権力の生成と変容から見たアンデス文明史の再構築」(研究代表者:関雄二)
【共催】山形大学人文学部 新学術領域研究「古代アメリカの比較文明論」計画研究A03「アンデス比較文明論」(研究代表者:坂井正人)
【協力】古代アメリカ学会
【プログラム】
10:00 -10:15 Introducción
Yuji Seki (National Museum of Ethnology), Masato Sakai (Yamagata University)
10:15-11:15 “Monumentalidad y la formación del estado archaico”
Alexei Vranich (University of California, Los Angeles)
11:15-12:15 “La producción artesanal en la sombra de Tiwanaku: Definiendo cadenas operatorias y relaciones sociales en la cuenca sur del Lago Titicaca”
Andrew Roddick (McMaster University)
12:15-13:30 Almuerzo
13:30-14:30 “Urbanismo telúrico y la producción política de Tiwanaku”
John Janusek (Vanderbilt University)
14:30-15:30 “Diversidad de la estructura sociopolítica en las sociedades formativas tardías: una perspectiva desde la cuenca suroeste del Lago Titicaca y su implicación a la expansión estatal”
Yoshifumi Sato (National Museum of Ethnology)
15:30-15:45 Coffee Break
15:45-16:45 “Wari y Tiwanaku: Una perspectiva norteña”
Shinya Watanabe (Nanzan University)
16:45-17:30 Debate final y clausura

ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲