ホーム > Agoraトピックス > イベント一覧 > 「山大生による旬の学生活動発表会」が催されました。

イベント

「山大生による旬の学生活動発表会」が催されました。

2015年10月28日

 10月24日土曜日、八峰祭と同時開催で「山大生による旬の学生活動発表会」が催されました。人文学部からは、法経政策学科4年の佐々木英人君(中島ゼミ・憲法学)が「『忘れられる権利』は認められるべきか」というテーマで研究報告しました。「忘れられる権利」とは、インターネット上の個人情報を検索結果から削除するよう検索サービス会社に請求できる「新しい権利」のことです。現在この権利については各国で様々な議論が行われており、報告ではEUと日本の比較が行われ、時代の変化に対応して新しいものを創造しようとする法学の面白さが説明されました。
 一般市民の方から質問が出されるなど、活発に議論が交わされました

研究報告をする佐々木さん

質疑応答

ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲