ホーム > Agoraトピックス > イベント一覧 > 第43回山形大学模擬裁判公演のお知らせ

イベント

第43回山形大学模擬裁判公演のお知らせ

2015年11月16日

「疑惑の目~それでも貴方は-彼女を信じますか?~」

第43回山形大学模擬裁判公演「疑惑の目~それでも貴方は-彼女を信じますか?~」を以下の日時で開演します。

【日 時】12月11日(金)開場17時30分 開演18時00分
     12月12日(土)開場14時30分 開演15時00分
【場 所】山形市中央公民館(az七日町6F)
【チケット】前売り250円、当日300円(山形大学生協、八文字屋本店POOL、十字屋山形店、Corich(ネット販売))

~模擬裁判とは~

 山形大学模擬裁判実行委員会とは、山形大学人文学部の1年生から4年生を中心に構成される人文学部の組織です。山形大学模擬裁判実行委員会は、年に1度、模擬裁判という裁判劇の公演を行い、研究成果を発表しています。この活動は今年で43年目になります。
 模擬裁判の目的はこの裁判劇を市民の皆様に観ていただくことで、法律を身近に感じ、その時代時代が抱える社会問題について考えていただくきっかけを作ることにあると考えています。

今年度のテーマは「冤罪」

(あらすじ)
平成19年11月28日午前0時頃、新山家が何者かによって放火され、一家全員が死亡した。
放火された新山家の門の内側に自らのライターが落ちていた為 第一発見者である橋本洋子が容疑者として逮捕される。
しかし洋子は「やっていない」と主張。
大学時代からの友人である弁護人の岡崎浩二はこの事件は冤罪であると考え、洋子の依頼を受けた。

世間の疑惑の目は洋子に向けられている中、裁判が開廷する。

ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲