ホーム > Agoraトピックス > 大学院一覧 > 地域活性化のために大石田町と連携事業を実施します。

大学院

地域活性化のために大石田町と連携事業を実施します。

2016年5月19日

 山形大学都市・地域学研究所及び大学院社会文化システム研究科では、地域活性化のために、平成28年度より大石田町との連携事業を実施することとなりました。
 今年度は、都市・地域学研究所の事業のうち、寺子屋子ども大学と公開講座の2事業を、また、大学院社会文化システム研究科では、課題解決型の授業を大石田町と連携して取り組みます。
 5月17日定例記者会見で発表しました。
  ※詳細はこちらから

連携事業について説明する庄司大石田町長(左)、清塚研究科長(中央)、松尾教授(右)

ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲