ホーム > Agoraトピックス > 国際交流一覧 > フィリピン・セブ島で異文化間コミュニケーションⅠを開講しました!

国際交流

フィリピン・セブ島で異文化間コミュニケーションⅠを開講しました!

2015年3月20日

 平成26年2月28日~3月15日、フィリピンのセブ島で異文化間コミュニケーションⅠを実施しました。
 この科目のねらいは、同時代の異文化の実相を実践的に理解し、これまでに身につけてきた専門的知識や語学的能力を駆使して異なる文化に直接向き合う中で、異文化理解に必要な方法を体験的に修得することです。海外に出て、新しい環境に身を置き、異文化の一端を体験・理解することを到達目標としています。(シラバスより)
 今回は8名の学生が受講し、セブ市で最も総合力の高い「サン・カルロス大学」での英語研修を基礎として、同大学の学生との課外活動及びプレゼンを行いました。休日は、隣島のボホール島で観光ツアーに参加したほか、ストリートチルドレンの支援施設でボランティアをさせていただくなど様々な体験をしました。
 受講生たちは、生きた英語コミュニケーションを通して語学力の向上を実感すると共に、日本では決して触れることのない文化を日々受入れることで視野を広げ、異文化に対する理解を深めました。最後は「帰りたくない」と言う学生もいましたが、全員笑顔で帰国しました。
 なお、今回の実習は、ふすま同窓会からの費用補助も受けて実施されました。

ボホール島の海

修了しました(左から2人目:ルイ学長補佐)

2週間ありがとうございました!

ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲