ホーム > Agoraトピックス > 国際交流一覧 > 2016年台湾師範大学受け入れプログラム 実施報告

国際交流

2016年台湾師範大学受け入れプログラム 実施報告

2016年2月29日

 山形大学人文学部では「山形の稲作文化に学ぶ日台交流超短期研修プログラム」を実施し、2016年2月15日から24日まで、台湾国立師範大学台湾史研究所・台湾語文学系の院生・学部生16人を受け入れました。10日間の受け入れプログラムでは、台湾師範大生は山形大学人文学部の講師群が用意した、山形の稲作文化と歴史の授業を受講しました。加えて、山大生20人とともにグループに分かれて、山形市内でウォークラリーの共同調査を行ないました。各班で山形の芋煮、古い建物の活性化、だだちゃ豆、温泉文化について自主的に調査し、それと台湾の関連の事象とを比較した結果について、報告会でプレゼンを行いました。山大生と共同作業を行う中で、互いの歴史と文化を知ることで、学生間の親交を深めました。
 山形市内での活動に加えて、山大生との共同合宿も実施しました。まず長井市のコンポストセンターを見学し、その後、日本酒の造り酒屋に行きました。その日は、震災後に福島浪江町から長井に移住した杜氏が、故郷の米から造った酒をビン詰めした日で、福島テレビ他3つのテレビ局が取材に来ていました。それから朝日町に赴き、コテージでスキー合宿を実施しました。亜熱帯出身の台湾師範大生にとっては初めての雪体験で、みんな新鮮さに大興奮しました。短い間ですが、山形ならではの地元文化を深く知る良いチャンスで、思い出をたくさん作りました。
 本プログラムはJASSO日本学生支援機構平成27年度海外留学支援制度(協定受入)に採択され、山形大学人文学部国際交流委員会、ふすま同窓会、台湾師範大学内部経費、中華民国教育部の支援を得て実施しました。
(コーディネーター:赤倉泉中澤信幸中村篤志許時嘉

~2月15日~

午前、山形へようこそ。まずは中澤信幸准教授から日本語の歴史について学ぼう。

初級日本語クラスの会話練習。先生は山大生です。

午後、ジェスチャーゲームでアイスブレーク!

グループ内で自己紹介。

グループで山大生とペアリング。これから10日間、仲良くしましょう。

山大裏千家サークル主催の茶道会に参加。日台友好を象徴する、特別な和菓子とお茶を用意していただきました。

師範大生は初めて茶道を体験しました。

夜、歓迎会。山大の花笠踊りサークル「四面楚歌」のメンバーと一緒に踊りました。

歓迎会で師範大生と一緒に妖怪体操をしました。

歓迎会の全員集合写真。

~2月16日~

午前、吉井文美講師から、最上川を中心とした山形の近世経済交流史について学びました。

午前、村松真准教授から、山形の農業と稲作の意義について学びました。

~2月17日~

師範大生と山大生が山形市内で共同調査。

~2月19日~

長井市の造り酒屋を見学。福島のテレビ局に逆取材されました!

午後、朝日町に向けて出発。3日間の合宿に備えて、自炊食材を一緒に買おう。

朝日町のコテージで自炊。

夕飯後の散歩。合宿地の雪の中でほっと一息。

~2月20日~

はじめてのスキー。ワクワクしています。

~2月22日~

宮腰直人准教授から、日本古来の四季耕作図の文化的意義について学びました。

森岡卓司准教授から、近代日本の東北表象とそのねじれについて学びました。

午後、師範大生は山形市内の街頭調査について、プレゼンを行いました。

頑張って日本語で口頭発表に挑戦!

夜、楽しい送別会。

~2月23日~

帰国前に山大生と蔵王温泉へ。また再会できることを楽しみにしています!

ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲