ホーム > Agoraトピックス > 法経政策学科一覧 > モンテディオ山形と連携して課題解決型学習(PBL)を試行

法経政策学科

モンテディオ山形と連携して課題解決型学習(PBL)を試行

2016年4月22日

 人文学部では、「習得した知識を実践する力」に焦点を当て、株式会社モンテディオ山形と連携して課題解決型学習 (Problem Based Learning)を試行することになりました。
 本取組は、従来の知識習得型学習だけではなく、「習得した知識を如何に活用して成果を産み出すか」という点に注目し、学生自らが能動的に課題解決できる力の育成を目指すものです。山形大学人文学部は本学習の試行を通じて、地域で活躍できる人材育成を行うための準備を進めていきます。
4月19日定例記者会見で発表しました。

※プレリリースはこちらから

課題解決型学習について説明する横内取締役(左)、山本准教授(中央)、下平教授(右)

ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲