ホーム > Agoraトピックス > お知らせ一覧 > 2015年度 人文学部アカデミックインターンシップ(山形大学アカデミックキャンプ)参加者募集のお知らせ

お知らせ

2015年度 人文学部アカデミックインターンシップ(山形大学アカデミックキャンプ)参加者募集のお知らせ

2015年7月10日

 人文学部では、大学での勉強を一足先に体験してみたい高校生のみなさんを対象に、アカデミックインターンシップを開催します。

【場 所】:山形大学人文学部101教室
【日 時】:8月6日・7日・17日
       10時〜17時(各日程によって若干異なります)
【集合時間】:8月6日10時集合
【対 象】:人文学部の授業を体験してみたい高校生
(*山形県内の高等学校に通う生徒のうち、6日の宿泊を希望する方は、「山形大学アカデミックキャンプ」参加者となります。詳細は山形大学EM部にお問い合わせください。)
【内 容】:
下記の三つの内容について、人文学部教員が講義を行います。そこで出された課題について、グループごとに調査とプレゼンテーションとを行い、教員や学生チューターとともに、議論を深めます。

【講義とグループワークのテーマ】:
石澤靖典准教授担当「パブリックアートについて考える」
 広場や駅などの公的な場に設置される絵画や彫刻をパブリックアートという。近年は地域活性化や街づくりの一環として、そのあり方が積極的に議論されている。こうした動きをふまえ、作品が置かれる「場」や「都市空間」という視点から、芸術と社会の関係について考え直してみたい。

西岡正樹准教授担当「少年犯罪に関する報道の是非について」
 近時少年犯罪に関する報道のあり方についての議論が活発である。
この点について、少年法厳罰化の動向も視野に入れつつ、ネット上で少年の情報を公開することの問題性にも触れながら検討してみたい。

高橋和教授担当「難民について考えてみよう」
 地中海や東南アジアのアマンダ海で多くの難民をのせて漂流するボートが保護されています。なぜ難民が生まれ、どこにも行けず漂流しているのでしょうか。「難民」とはどういう人を意味するのか、国家から保護されない人たちは誰が保護するのか、国際社会の取り組みについて考えてみましょう。

【申し込み先】:
①人文学部アカデミック・インターンシップ
(県内、県外高校生徒で宿泊を希望しないもの:締切7/31まで)
    山形大学人文学部事務室
     TEL:023-628-4203
     Mail:jisoumu@jm.kj.yamagata-u.ac.jp
②山形大学アカデミックキャンプ
(県内高校生徒で6日の宿泊を希望するもの:締切7/14まで)
    山形大学エンロールメント・マネジメント部EM企画課
     TEL:023-628-4063
     Mail:enroll@jm.kj.yamagata-u.ac.jp

  アカデミックインターンシップページこちらから

ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲