ホーム > Agoraトピックス > お知らせ一覧 > 学生と教員が活発に議論 学生参加型FDワークショップを開催

お知らせ

学生と教員が活発に議論 学生参加型FDワークショップを開催

2016年2月19日

 2月18日14:00より、16:00まで人文学部501号室において、『主体的学習を促す授業とはどのようなものか』というテーマで、学生と教員によるワークショップが開催されました。教員13名、学生16名の参加で、学生と教員の間で上記テーマに関する活発な議論が繰り広げられました。特にスタートアップセミナーの効果、教員間の差などについて学生から強い不満の表明がありました。授業の改善について大いに参考になるワークショップでした。

元木幸一副学部長の開会挨拶

司会は渡辺文生教授

グループディスカッションと発表準備

グループごとの発表と意見交換

ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲