ホーム > Agoraトピックス > 映像文化研究所一覧 > 映像文化研究所主催「知られざるロシア映画」を開催しました。

映像文化研究所

映像文化研究所主催「知られざるロシア映画」を開催しました。

2015年3月25日

 3月20日(金)に人文学部附属映像文化研究所主催のロシア映画上映とトーク「アブラム・ローム監督『襲来』とサイレント・アニメ『ベルギーの百合』」を開催しました。
 これは、国際交流基金と神戸大学大学院国際文化学研究科研究プロジェクトの共催とフォーラム山形及び山形国際ドキュメンタリー映画祭の協力によるもので、国際エイゼンシュテイン・センター財団キュレーターのマクシム・パヴロフ氏を講師に、神戸大学の楯岡求美氏をコーディネーターにお招きしました。
 平日の夜にも関わらず大勢の市民のみなさまにも参加いただき、映像を鑑賞しながらロシアにおける時代と映画の関わりについて考える催しとなりました。

挨拶する元木副学部長(映像文化研究所長)

司会の大久保准教授(映像文化研究所副所長)

上映開始

解説するマクシム氏

トークの様子

質疑応答

ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲