ホーム > Agoraトピックス > 情報公開一覧 > 「山形大学周辺における暮らしの安心・安全に関するアンケート第1次報告書」を公表しました!

情報公開

「山形大学周辺における暮らしの安心・安全に関するアンケート第1次報告書」を公表しました!

2014年3月31日

人文学部人間文化学科の教員6人が、山形一小、山形五小、山形八小の保護者754人を対象に、子育ての不安や防災意識、山大生への印象などについて、2013年12月にアンケート調査を行い、今月その結果をまとめました。
子育てや災害時に頼れる人の少なさ、避難地図や避難場所といった情報の浸透具合、大学生の自転車運転への不安などが浮き彫りとなり、安心・安全な地域づ くりへの課題が明らかになりました。報告書には各課題への提言も盛り込み、大学とも連携しながら取り組みを進めていきたい考えです。
3月26日の学長定例記者会見で公表した報告書はここからダウンロードできます。

発表する福野光輝准教授(人間文化学科)

事務局4階の記者会見場

最後の会見で退任あいさつをする結城学長

プレス発表資料

ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲