ホーム > Agoraトピックス > 研究・地域連携一覧 > 株式会社きらやか銀行と山形大学が連携して地域企業の人材育成プログラムを実施します。

研究・地域連携

株式会社きらやか銀行と山形大学が連携して地域企業の人材育成プログラムを実施します。

2016年7月12日

 株式会社きらやか銀行と山形大学は、次世代を担う地域企業の若手経営者・後継者・幹部社員等の育成を図るため、「きらやかマネジメントスクール」の実施に関する受託事業実施契約を締結しました。本スクールを通じ地域企業の人材育成に寄与し、地域創生に貢献します。金融機関と連携してこのような企業支援を実施するのは、本学としては初の試みとなります。

 「きらやかマネジメントスクール」は、次世代を担う地域企業の若手経営者や後継者、幹部社員を対象に、企業経営に活かせる実践的な授業と交流の場を提供し、事業承継に係る課題解決を目指すプログラムです。講師は人文学部と大学院理工学研究科の教員がつとめ、企業経営に活かせる理論的・実践的な授業を実施します。

7月5日定例記者会見で発表しました。
詳細はこちら

連携を発表する小山清人学長(左)と粟野学取締役頭取

「きらやかマネジメントスクール」の説明を行う清塚邦彦人文学部長

左から清塚学部長、小山学長、粟野取締役頭取、早坂徳四郎常務取締役

ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲