ホーム > Agoraトピックス > 研究・地域連携一覧 > 「地域課題解決実践活動モデル事業」フィールドワークのまとめ作業を行ないました。

研究・地域連携

「地域課題解決実践活動モデル事業」フィールドワークのまとめ作業を行ないました。

2016年1月20日

 人文学部が山形県から受託した「地域課題解決実践活動モデル事業」の一環として、去る1月16日に下平裕之山田浩久安田均両教授引率の下、学生7名が山寺コミュニティセンターの会議室にて同地区を対象にした4度にわたるフィールドワークのまとめ作業を行ないました。
 地域振興のテーマやポイントをポストイットに書き出し、模造紙に貼り付けます。疑問点が出れば、そのまま会議室を出て現地聞き取りを行いました。半日を掛け、振興策のアウトラインを作成し、今後さらに細部を詰めて報告用ポスター、スライドを作成し、2月11日午後同センターに地域住民を集め成果報告する予定です。

ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲