ホーム > Agoraトピックス > 在学生のみなさまへ一覧 > 国際学術講演会のお知らせ

在学生のみなさまへ

国際学術講演会のお知らせ

2017年3月17日

国際学術講演会「アンデスとメソアメリカ:地上絵/絵文書、人身供犠、神殿/都市」

開催日:2017年3月28日(火) 13:00~16:20
開催場所:山形大学人文学部1号館301教室(山形市小白川町1丁目4-12)
趣旨:山形大学人文学部附属ナスカ研究所では、新学術領域研究「古代アメリカの比較文明論」の枠組みの中で、アンデス文明とメソアメリカ文明の比較研究を行っています。今回、米国ルイジアナ州ニューオリンズ市にあるテュレーン大学より、アンデス文明とメソアメリカ文明の研究者4名を招聘して、両文明に関する国際学術講演会を実施します。この講演会では、地上絵と絵文書、人身供犠、神殿と都市に注目することによって、両文明に関する理解を深めることを目指しています。

プログラム
・開会の辞
・趣旨説明
・John Verano(テュレーン大学)
  Human Sacrifice in Ancient Peru: New Discoveries and New Questions(日本語通訳あり)
  「古代ペルーにおける人身供犠:新たな発見と新たな課題」
・村上達也(テュレーン大学)
  「メキシコ中央高原における古代都市の起源:トラランカレカからテオティワカンまで」
・Jason Nesbitt(テュレーン大学)
  Early Interregional Interaction in the Ancient Andes(日本語通訳あり)
  「アンデス文明の形成と遠隔地交流」
・Elizabeth Boone(テュレーン大学)
  Painted Histories of Aztec Mexico(日本語通訳あり)
  「絵文書に描かれたアステカ社会の歴史」
・坂井正人(山形大学)
  「新発見の地上絵と保存活動:山形大学人文学部附属ナスカ研究所の研究成果より」
・閉会の辞

主催:山形大学人文学部附属ナスカ研究所、新学術領域研究「古代アメリカの比較文明論」計画研究A03「アンデス比較文明論」
協力:古代アメリカ学会

一般公開(参加無料/申し込み不要/定員:200名[先着順])
使用言語:日本語、英語(通訳あり)

お問い合わせ先
山形大学人文学部事務室 山形市小白川町一丁目4-12
TEL023-628-4203

ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲