ホーム > 研究・地域連携・国際交流 > 研究・地域連携:社会連携ニュース > 第二期山形仙台圏交流研究会第61回研究会

社会連携ニュース

山形・仙台圏交流研究会

第二期山形仙台圏交流研究会第61回研究会

2013年6月19日 13時00分~14時30分 於:人文学部第2会議室 (2号館2階)

 山形県村山総合支庁など自治体から4名、人文学部から9名の参加を得て開催された。

1.議題「山寺の魅力---歴史調査の取り組みと観光資源としての可能性」荒木志伸基盤教育院准教授

 荒木講師より、最近の調査研究に基づいて山寺の魅力を解説していただいた。同報告では最後に、山形-仙台を繋ぐ観光地の可能性としても2,3の経師があった。

 その後の質疑応答では、出羽三山信仰との関連(全国的に有名な同信仰の中継基地としての山形が街として形成されていった)、年代測定の方法、現在の信仰について解説頂いた。

2.その他

出席、参加を希望される方は人文・安田(023-628-4270)までご連絡下さい。

ページトップへ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲