松本邦彦の論文リスト

(最終更新時:2019年01月28日(月))
※御意見・御感想は→松本宛メールにて


 松本の専門は政治学で、主に外国人政策・出入国管理政策について新旧両面から研究しています。“旧”は日本占領期(1945年−1952年)の旧植民地出身者に対してのもの、“新”は1980年代以降に日本各地に急増した労働者や国際結婚による女性の移民たちに対する地方政府の政策などです。“旧”については「安達峰一郎」研究に関連して戦時国際法と戦前日本とのかかわりを調べ始めています。

<旧植民地出身者関係>

松本邦彦
「在日朝鮮人の日本国籍剥奪:日本政府による平和条約対策研究の検討」
『法学』(東北大学法学会刊)
52巻4号(111-145頁)、1988年
※→東北大学法学部ページに『法学』の総目次あり(ただし1997年以降)。
(翻訳)
『日本占領GHQ正史 第16巻 外国人の取扱い』
日本図書センター、1996年12月
※→同社のページに概要紹介あり。
松本邦彦(監修、執筆)
『異郷と同胞:日本と韓国のマイノリティー(山形ドキュメンタリーフィルムライブラリー・セレクション第2集)』山形大学人文学部編集/山形大学出版会刊
2011年09月30日発行/A5判52頁/本体価格286円
※『セレクション』シリーズについては別ページにて。
※本セレクション第2集は、岩鼻通明氏(山形大学農学部教授)との共同執筆です。松本は第一部「日本におけるマイノリティーとドキュメンタリー」を、岩鼻氏は第二部「韓国ドキュメンタリー映画の諸相」を執筆。巻末に「山形ドキュメンタリーフィルムライブラリー」所蔵の関係作品リストあり。同ライブラリーは、2年に一回開催される山形国際ドキュメンタリー映画祭(YIDFF)への応募作品を中心に所蔵しています。
<外国系住民関係>
松本邦彦
「山形と外国人」
『山形の魅力再発見 パート15』(2017年度山形大学都市・地域学研究所・NPO法人山形の魅力再発見プロジェクト 公開講座)(028-036頁)2017年12月
※公開講座での松本担当回(2017年9月30日)のスライドを掲載。
山形大学都市・地域学研究所 http://www-h.yamagata-u.ac.jp/~kmatsuo/toshiindex.html
松本邦彦
「行政計画は外国系住民をどう見ているか:山形県最上地域の市町村にて」
『グローバル時代におけるヒトの移動の自由と管理:社会保障制度を中心に(平成25年度〜27年度科学研究費基盤研究(B) 研究成果報告書(研究課題番号 25283002)研究代表者 橋和(山形大学人文学部教授))』(121-154頁)2016年3月
松本邦彦
「研究ノート/多文化共生に関する地方議会議員の意識調査から」
『山形大学法政論叢』第63・64合併号(091-129頁)2015年12月
※→誤記修正など
松本邦彦
「多文化共生論と歴史認識:「嫌韓流」の挑戦を考察する」
『北東アジア地域研究』18号(023-033頁)2012年10月 ※ISSN:1882-692X
松本邦彦
 "Muticultural Symbiosis Measures and Foreign Residents in Yamagata"
 International Symposium on Multicultural Families, March 2007, Multicultural Familiy Center of Pyeongtaek University, Korea
松本邦彦
「山形県内市町村の「国際化・国際交流・多文化共生事業」調査(中間報告)」
『山形大学大学院社会文化システム研究科紀要』2号(051頁〜072頁)2005年7月
松本邦彦
(事典項目)「外国人妻」
『東北都市事典』東北都市学会(2004年)
高木裕子、松本邦彦
「山形県における結婚と異文化」
『国際化時代の地方都市と外国人:特定研究調査報告書』(山形大学刊)
032-101頁、1998年
松本邦彦
「山形県内在住外国人の概況について」
『山形の社会経済』(社団法人山形県経済社会研究所刊)
第8号(080-106頁)1995年
松本邦彦
「調査報告/外国系住民に対する山形県内自治体事業調査」
『山形大学法政論叢』(山形大学法学会刊)
第4号(079-118頁)1995年
松本邦彦、秋武邦佳
「国際結婚と地域社会:山形県での住民意識調査から(その1)」
『山形大学法政論叢』
創刊号(160-126頁)1994年
※頁数が逆順なのは横書きのため。
松本邦彦、秋武邦佳
「国際結婚と地域社会:山形県での住民意識調査から(その2)」
『山形大学法政論叢』
第4号(206-178頁)1995年
※参考ページ↓(『山形大学法政論叢』総目次があります)
山形大学法学会のホームページ藤田稔先生作成)
<国際協力、NGO>
松本邦彦
「研究ノート/イラク人質事件とNGOの課題:2004年は「ボランティア零年」か」
『山形大学法政論叢』33-34号(035頁-073頁)2005年
松本邦彦
「日本市民団体の国際協力の現状と課題:政府・世論との緊張関係を中心に」(日本文)
『日本研究論叢』現代日本学会、国民大学校日本学研究所(韓国・ソウル)
第18号(099-118頁)2003年12月1日
<その他>
(翻訳)スーザン・J・ファー著「職場における闘争:お茶くみの反乱」
『レヴァイアサン』第8号(1991年4月)

(翻訳)スティーヴン・D・クラズナー著「<主権国家>制度論的分析の試み」
『レヴァイアサン』第3号(1998年10月)


※ 「調査・個人情報・倫理」資料館
※御意見・御感想は→松本の掲示板(利用規定)または松本宛メールにて
松本サイトの玄関 > 本ページのURL:http://www-h.yamagata-u.ac.jp/~matumoto/paperlist.htm